vineの後継アプリbyteを始めて1週間経過した感想

2020年1月に【byte】というSNSがリリースされましたね。

数年前に一般ユーザー、芸能人だけでなく、企業の間でも話題になったvine》の後継SNSです

そもそも《Vine》って何⁇という方の為に軽く説明すると、

・6秒間のループ動画

・2億人近いユーザー数

・他のSNSとの互換性が高い

・Twitter社の運営

この特徴だけみても人気の高さや効果的な動画拡散が伺える効果的なSNSだったといえます

また、YouTubeにおけるユーチューバーのように「Viner」バイナーと呼ばれる動画投稿者も存在してました。

しかし、2016年10月に突如閉鎖してしまうんです…

理由はいくつかありますがここでは省略します。

では【byte】ってどんなアプリ⁇

Vineの共同創業者であるドム・ホフマン氏がリリースした動画投稿サービスです。

byteの機能面での特徴はVineの機能を引き継いでいることから、Vineとほぼ変わりはありません。

アプリのカメラを使用するか、カメラロール内の動画をアップロードすれば、6秒のループ動画が公開されます。

また、このように尺の短いループ動画のSNSプラットフォームといえば「TikTok」が有名。

byteにとっても「TikTok」はライバルなのかな?

しかし、現時点で機能面では、まだTikTokに負けてる感じ。

byteは今後コンテンツを通じて収益化ができるプログラムを立ち上げる予定みたいです(2020年2月現在)

実はこの収益化はbyteのようなショート動画SNSでは初の試みらしいです。

今後のアップデートとクリエイターの工夫や才能次第で稼げるような仕組みになっていけば、大きなプラットフォームになるでしょうね。

byteはリリースからまだ間もないこともあり、今後の発展が期待されているサービスです。

今後byteが動画市場に与える影響力は大きく、

以下のようなものが予想されています。

・収益化による動画市場の変化

・動画投稿への気軽さがユーザーに芽生える

byteの影響力は動画市場を大きく変えるかもしれませんね。

〈収益化による動画市場の変化

やはり最も注目すべきなのは「クリエイターへ対価を支払うパートナープログラム」

現在では個人の場合、動画収益を期待できるサービスはYouTubeだけ。

「TikTok」も収益化は行っておらず、YouTubeにしても現状はその他のSNSで集客をし、登録者数を増やして収益化といった流れが多い。

byteの収益化のプログラムが現実となれば、ワンストップで動画を収益に繋げることもできるようになるでしょう。現状では収益化の手段や条件が明らかになっていませんが、いずれにせよ、動画市場へ影響は小さくはなさそう。

なんと言っても動画投稿への気軽さが◎

byteの大きな特徴のひとつは「6秒間の動画配信」

この6秒は今まで動画配信をしたことがない方にとっては気軽に始められるんじゃないでしょうか?

この「6秒」によって動画参入の敷居が低くなり継続もしやすいですね。

YouTubeやTikTokには興味あったけど、ちょっと手が出なかったというユーザーにとっては嬉しいサービス

このように、byteは2020年1月にリリースされたばかりでまだまだ改良が期待されています。改良の結果、収益性が実装されてくればインフルエンサーによるbyteの活用も考えられます。

となると、今年さらに盛り上がりをみせる注目のサービスのひとつであることは間違いありませんね!

要チェックです◎

とにかく右も左も分からない状態で1週間使用した感想は

イマイチよくわからん

ご覧の通り日本語に対応しておらず

全て英語表記

いちいち翻訳アプリを駆使して理解しながら何とかやってます…

TV業界やYouTubeもこれから2〜3年で大きく変わるでしょうし、

新しく始まる(いや、既に始まってる)動画革命を見据えて取り組みたいと思います。

中国のSNS 【Weibo】もやってますが、

こちらも色んな可能性を信じてやり続けます

もし1%でも可能性があるのなら、そこに99%の努力をしていきます^ ^

従来の美容師という枠だけに囚われず、

色んな可能性を色んな角度から見てチャレンジし、お客様から支持される新しい美容師としての働き方を創っていきます!

CHY

関連記事

  1. 【12月の勤務状況のお知らせ】

  2. テレビ・雑誌で話題沸騰中の美髪専門店がついに滋賀初上陸!【美…

  3. いよいよ“情報解禁” anuenueオリジナルヘアケアブラン…

  4. 滋賀県で一番安心安全な美容院へ…

  5. ダチョウ卵黄抗体で有名な世界的企業【ジールコスメティックス】…

  6. anuenue撮影チームの とある撮影風景をVLOGでご紹介…