フィジカルディスタンシング

今まで当たり前だった距離感も
今は当たり前じゃない。
 
「これって寂しい?」


はたしてどうなんだろう


世の中には人と触れ合う事で安心する人もいれば
人と触れ合う事が苦手な人もいる。

人と触れ合う事で安心する人からすれば
フィジカルディスタンシングは何か寂しいと感じるだろう。

逆に人と触れ合う事が苦手な人はこの距離感が心地よいかもしれない。

別にどっちが正しいかなんてない。


『どっちだっていい』


人には個性というのがある。

身長が高く生まれてくるのも低く生まれてくるのも個性。

一重二重も個性

このようにビジュアル的な個性もあれば

トランスジェンダーやコミュ障などの内面的な事も個性だと思う。

100人いれば100通りの個性があるし、
どれが正しいなんてない。

もちろん誰かが誰かの個性を否定するのはおかしいし、
誰かの個性を羨む事や真似する必要もない。


『自分らしくいればいい』


人の目を気にする必要もなければ
人に合わせる必要もない。

『自分の人生をどう生きるか決めるのは自分自身だ』


当たり前だけど
コロナの前の日常にはもう戻らないだろうし、

別に戻そうとしなくて良い

むしろコロナの前より”生きやすい”未来を創る為に思考する方が建設的だ。

新しい価値観や生き方も含めて『ニューノーマル』を創って
自分が生きたい未来を自分で創る。

今までの常識なんてどうだっていい

常識なんてすぐ変わるから。



今をどう生きるかで自分の未来は変わる

コロナでネガティブになって悲観的になるのか?
逆にこの状況をチャンスと捉えて行動するのか?

全て自分次第。


『コロナショック』じゃなくて
『コロナチャンス』だよ

僕はワクワクしてたまらない


Create the future 〜未来を創る〜

CHY


CHY

関連記事

  1. ハンバーグ8に初訪問

  2. DAY OFF

  3.  Cafe Mother House (カフェマザーハウス)…

  4. 失敗しない人生が失敗

  5. 対応力が大事